【衝撃】ロンブー淳「相方の亮は適応障害だった」と語る衝撃内容がこちら

芸能エンタメ

会見後、淳さんは亮さんの自宅に何度も行かれています

亮さんだけでなく奥さんや子供たちのことも心配だったようです

「病院へ行こう」
会見後、気持ちのアップダウンがあまりにも激しくなってたんです。それを見て、僕は「病院に行こう」と言いました。「オレは医者じゃないからそこのジャッジできないし、これは診てもらうしかない」と。

適応障害とは生活の中で生じるさまざまなストレスにうまく対処することができず、抑うつや不安感などの精神症状が現れて日常生活に支障をきたす病気のことです。

病院に行くと「適応障害」と診断されました

そこで本人も初めて「あ、そうなんだ」と気づくというか、意識をしたんです

それが会見から2週間くらい経った時でした

そこで、提案をしたんです。いったん、家族とも、仕事とも、東京とも離れて、旅に行ってこいよと。

仲の良い後輩を連れてでもいいし、どこか行ったことがない場所を見てきたらいいんじゃないかと伝えたんです

引用 Yahoo!JAPANニュース

タイトルとURLをコピーしました