【訃報】野村克也監督が残した名言集【リーダー・人生】

芸能エンタメ

プロ野球の名キャッチャーとして知られ、日本一に3回導いた名監督でもある野村克也さんが2020年2月11日、虚血性心不全のため亡くなりました。84歳でした。
 

野村監督の名言集① リーダー論

野村監督の名言集① リーダー論
 
 
「リーダーシップとは人を動かす、先を読むこと」
 
 
「組織はリーダーの力量以上には伸びない」
 
 
「人を動かすのは生きがい、夢、希望、目標、目的、ビジョン、興味、関心」
 
 
「人を判断するときは決して結論を急がないこと」
 
 
「部下を信じるというのはリーダーの重要な資質」
 
 
「自分の持っているイメージと違うとすぐに矯正しようとする。こんな上司といる部下は不幸」
 
 
「リーダーは利益と尊敬と少しの恐怖で組織を動かしていくべきで、その潤滑油が笑いだ」
 
 
「未熟な組織には原点がある。教えられることが多い」
 
 
「命令するからには全責任は監督にある。つまりクビになるのはおまえではなくワシや」
 
 
「失敗してもいっこうにかまわない。おまえの失敗はおまえを使った俺が悪い。だから全てを出し切り結果は神にゆだねろ」
 
 
(次ページ)野村克也監督の名言集続き【人生論】
 

野村監督の名言集② 人生論

野村監督の名言集② 人生論
 
 
「人生とは 考える事」
 
 
「限界が見えてからが勝負だ」
 
 
「敵に勝つよりもっと大事なことは、常に自分をレベルアップすること」
 
 
「恥ずかしいと感じる事から進歩は始まる」
 
 
「ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる」
 
 
「自己を課題評価した瞬間から思考の硬直が始まる」
 
 
「どうするかを考えない人に、どうなるかは見えない」
 
 
「1年目には種をまき、2年目には水をやり、3年目には花を咲かせましょう」
 
 
「35歳を超えて敵がいないということは、人間的に見込みがないことである」
 
 
「不器用な人間は苦労するけど、徹してやれば器用な人間より不器用な方が最後は勝つ」
 
 
「一番大切なのはどん底の時に誰がそばにいてくれたか」
 
 
「敵に勝つよりもっと大事なことは常に自分をレベルアップすること」
 
 
「コーチの第一義は自信を無くしている、目標を失っている選手にいかに意欲を出させるかということ」
 
 

タイトルとURLをコピーしました